視力の低下は眼精疲労が原因|サプリ効果で疲れ目撃退

ビフィズス菌の効果と食品

薬剤

乳酸菌という言葉がよく聞かれますが、正確にそれを説明するとなると、難しい人が多いです。ここでは、この乳酸菌とはどのようなものなのでしょうか。乳酸菌は糖類から乳酸を作る菌のことです。その種類は非常にたくさんあります。ちなみに、よく混同されることが多いものにビフィズス菌があります。これは乳酸菌とは全く異なる菌です。ビフィズス菌の効果は老化防止、病気の予防であり、乳酸と似たような効果を持っています。乳酸菌とともに悪玉菌を減らすことでこのような効果をもたらします。また、乳酸を作る働きもあることから乳酸菌の1種として分類されることもあります。ただし、厳密には異なる菌であることは頭の片隅にでも置いておきましょう。

大腸には善玉菌である乳酸菌が存在しているのですが、悪玉菌もまた同居しています。この悪玉菌が増加してしまうと、腸がどんどん老化していきます。この老化を防ぐために、乳酸菌やビフィズス菌が乳酸を作ることで、腸内の悪玉菌を排除します。悪玉菌を減らして腸の活動を活性化させて消化吸収も促進させるので、便秘で悩んでいる人は便通がよくなります。また、免疫力も高まる効果がありますので、インフルエンザなどの病気にかかりにくくなります。乳酸菌が含まれる食品は牛乳や乳製品はもちろんですが、漬物にも多く含まれています。こうしたものが苦手な人はサプリメントで摂取すると良いでしょう。食後に飲むと吸収力が高いので、おすすめのタイミングです。